« 2010 『SANKYOレディースオープン』初日のペアリング | トップページ | 【ネタバレあり】2010 『SANKYO レディースオープン』の優勝の行方は… »

2010 『SANKYOレディースオープン』第2日の三塚優子プロ【概況版】

概況版といいつつ、今日はこれでおしまいです。

今日は、朝方は細かい雨が少し降る程度でしたが、折り返してからは激しくはないもののずっと雨でした。
気温は、寒いということもなく歩いてみている分にはちょうどいいくらいでした。

今日は、三塚優子プロと生島早織プロが同じ組ということで、裏スタートということは別にすればラッキーだったのですが、結果からいえば通過したと思われた生島早織プロが1打及ばず、三塚優子プロは2打及ばずで2人とも予選落ちとなってしまいました・・・

優子プロ、ティーショットはまずまずだったんですが、絶好のポジションからのアイアンがことごとくピン奥キャリーで止まらずということがしばしば。当然パーセーブがやっと。
以前の調子のいいときの優子プロであれば、当然ピンに絡んでくるはずのところが距離のあるピン奥では、優子プロの気持ちも萎えてしまいますよね・・・
オマケに、不運もあってのことですが、4つのパー5のうち3つでボギーでは、アンダーパーはムリですね・・・

残念ながら3戦連続の予選落ちとなってしまいましたが、残り試合ではいいところを見せてくれることを期待しましょう!

No.(Par)Yards(全奥行・奥行・左右サイドから) *R=右エッジから、L=左エッジから、Cはセンターです。
10(4)375(43・30・L7); FK○(右ラフから左前方へキックで左FW残80y弱、左足下がり) PO○(P右7.5m) PT2(上って下るフックライン40cmショート、マーク) score - +4
11(3)166(38・28・C); FK- PO○(P下7m弱) PT2(上りフックラインC左スルー1m強) score - +4
12(4)374(44・15・R6); FK○(右FW残96y) PO○(P上右7mキャリーから奥へ行って17歩強) PT2(下りフックラインはC右スルー1m弱、マーク) score - +4
13(4)370(36・21・L15); FK×(途切れているFW先の左FC残95y) PO○(P手前右12y?) PT2(上りスライスラインは手前で右へ流れてC右1.3m)  score - +4
14(5)525(40・30・R14); FK×(左ラフ沈、第2打は中左FW) PO○(P下右22y強) PT3(上りフックを強く打ちすぎて3mオーバー、返しの下りスライスラインはC左スルー80cm) score △ +5
15(4)384(40・9・L11&R7); FK○(右端FW残97y) PO○(P右下3.5m) PT2(上りフックラインはC右スルー30cm) score - +5
16(4)377(36・12・L17); FK○(右FW残110y弱) PO○(P左上7.5m)  PT2(さわるだけの下りスライスはC右1m弱へ) score - +5
17(3)177(36・19・C); FK- PO○(P左下7m) PT2(下って少し上るスライス&フックはC右スルー70cm、マーク) score - +5
18(5)555(42・32・L7); FK×(左ラフから左FCへ出て残340y(GPS)、第2打は中FW残73y) PO○(P右やや下2.5m) PT1(フックライン) score ○ +4

IN FK4/7 PO9/9 PT18 strokes 36

01(4)360(37・12・L8); FK○(右FW残85y) PO○(P右下4.5m弱) PT2(ちょいスライスライン60cmショート) score - +4
02(4)356(41・11・L7&C); FK○(右FW残105y?) PO○(P右12歩) PT2(ちょいスライス&フックC左55cm) score - +4
03(3)157(35・13・R8); FK- PO○(P左下4.5m強) PT2(下りスライスラインC左かすめわずかスルー) score - +4
04(5)555(31・23・L10); FK×(左端FWからワンバウンドで左ラフ沈残315y、第2打は右ラフ沈165y、Gを狙った第3打はラフに負けて右BKのアゴに当たりながら?BK前方ラフ4分の3沈85y弱?) PO×(第4打でようやくP右下8.5m) PT2(フックラインはC左へ40cm、マーク) score △ +5
05(4)384(42・16・R10); FK○(中右FW残123y) PO○(P右上6mキャリーからそのまま奥10y強へ) PT2(下りフックラインは最後少し上りでC右かすめて15cmスルー) score - +5
06(4)328(35・21・R11); FK○(3w?は中左FW残96y) PO○(P奥左9m強) PT2(上りフックラインはC左かすめ30cmスルー) score - +5
07(5)532(43・10・L5); FK×(3w?のティーショットは左に出て『フォアー!』で左BK内を横切るカート道上でG側のフチに接して止まる、森岡競技委員を呼んで処理を確認し、TG側にニアレストポイントを決めて1クラブレングス以内にドロップ。このドロップは目玉になることもなくうまく転がってライに問題はなかった。5iから7iに持ち替えての第2打はカート道のフチに当たって右90度方向へ飛んで右ラフ沈残たっぷり、第3打は右FW残115y) PO×(第4打でP下右6.5m) PT2(上りスライスラインは惜しくもC右フチ、タップイン) score △ +6
08(3)184(35・22・L13); FK- PO×(距離ピッタリも右BK、ライOKやや左足上り) PT1(グリーン面が見えないギャラリーエリアからの推定になるが、Pをかすめて50cmスルー?、リセットしてお先の砂イチパーセーブ!!) score - +6
09(4)400(43・16・L13); FK○(ドラはグッショーでど真ん中FW残135y) PO○(やや不本意なP右8m) PT2(スライスラインは弱くて手前で右に切れてC右60cm、マーク) score - +6

OUT FK5/7 PO6/9 PT17 strokes 38

TOTAL FK9/14 PO15/18 PT35 strokes 74(total+6・CUT)

|

« 2010 『SANKYOレディースオープン』初日のペアリング | トップページ | 【ネタバレあり】2010 『SANKYO レディースオープン』の優勝の行方は… »

三塚優子プロ」カテゴリの記事

女子プロゴルフ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。初日の出遅れが痛かったですね。アイアンの距離が合わないようですが、こんな不調の時にアドバイスしてくれる師匠がいればいいのですが。相性のいい富士通、マスターズでの活躍を期待して待ちたいです。いつもながら詳細レポートありがとうございました。

投稿: さぬきの中年ファン | 2010年10月10日 (日) 00時55分

さぬきの中年ファンさん
こんばんは
初の3試合連続予選落ちになっちゃいましたね…
昨年の優ちゃんなら、上手くスピンをコントロールしてベタピンにつけていたような距離が、このところってことが多すぎますね…
なんとか、球の操り方を取り戻して欲しいですね

投稿: やまとのとのさま | 2010年10月11日 (月) 21時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 『SANKYOレディースオープン』第2日の三塚優子プロ【概況版】:

» SANKYOレディース:全美貞が首位キープ、今季4勝目に王手!有村は後退 [ゴルフ ミシュラン]
群馬県にある吉井カントリークラブで開催されている、国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」は2日目が終了。首位タイでスタートした全美貞(ジョン・ミジョン)(韓国)が、6バーディ・1ボギーでまわりトータル9アンダーで単独首位に立った。 前半の1番、2番で連続バー…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 18時39分

« 2010 『SANKYOレディースオープン』初日のペアリング | トップページ | 【ネタバレあり】2010 『SANKYO レディースオープン』の優勝の行方は… »