« 2010 『スタンレーレディスゴルフトーナメント』初日の三塚優子プロ(概況) | トップページ | 『超元気!!』(三塚優子プロ) »

2010 『スタンレーレディスゴルフトーナメント』第1日の三塚優子プロ

第18戦『スタンレーレディスゴルフトーナメント』(東名カントリークラブ・6,542Yards・par72、賞金総額9,000万円、優勝賞金1,620万円)の第1ラウンドが終了しました。

今日は、優子プロとがっちり握手をして「お帰り!」の挨拶をしたあと、三塚優子プロを18H随行応援しました。
優子プロのホールアウト後は、6番グリーンまで戻って、恒川智会プロの6番~9番を応援してきました。
ここのコース、ギャラリー通路がことごとく斜面!しかも、コース自体のアップダウンも激しく、ホントにギャラリー泣かせです・・・
でも、2ヶ月半ぶりながら、ヘトヘトになりつつなんとか歩けました!


初日のペアリング(全体)はこちら・・・


三塚優子プロ(フリー・2009賞金ランキング5位)

今日の優子プロは、前半(バックナイン)はドライバーが左右にぶれていましたが、後半はドライバーに安定感が戻りました。ただ、アイアンの縦の距離感がややあっていなかったためにP奥につけることも多く、下りの難しいアプローチやパットを強いられましたが、うまくしのいで何とか○2△3の73にまとめた感じです。
やっぱり、試合勘の問題でしょうかね・・・
でも、以前と変わらず明るい優子プロに会えて最高でした!!初日から観戦参戦して本当によかったと思います!

【初日のペアリング】
No.10 TEE START 第25組 08:50
原田 香里プロ(フリー・QTランキング40位)
木村 敏美プロ(富田興業・QTランキング22位)
三塚 優子プロ(フリー・2009賞金ランキング5位 89,792,588円)

【今週のキャディ】
太田正樹キャディです。(通算31試合目。海外3試合+米QT2試合を含む)

【ホールバイホール】
*残距離は、いつもどおり特にコメントがない場合は、フロントエッジまで。ただし、かなり適当です。yだったりmだったりしますが、その時の気分等でメモっていますのであしからず。
ホール(Par)yds. R1(P)(ホールロケーション;全奥行・フロントエッジから・左右エッジから、いずれもヤードです。Cはセンター。)
10(3)193:-(1)(27・15・R7);(右アゲンスト)3人中唯一アイアンで狙うもアゲンストが強くて手前のラフへ、10y強E+10yP=23y強の上りちょいフックライン、P下80cmへナイスアプローチ!(マーク)、残りを沈めてナイスパー!発進 ±0
11(5)515:-(2)(24・16・L5);(フォロー)ドライバーは左へ出て左のカート道から右へ転出して左ラフ(左ラフに救済ドロップ)残250y弱、アイアンでレイアップは中FWから右FC残110y(左足上り)、P右下13y、上りちょいフックラインは1.72mショート、残りを沈めてナイスパーセーブ!! ±0
12(4)402:△(2)(34・10・L5);(打ち上げ・右フォロー)FWが受けているのでほとんどラン出ずもど真ん中FW残107y、(打ち上げ)ど゙ダフリの珍しいミスで残50y強??、P右3m強にナイスオン!、フックラインはC右をかすめてフックスルー80cm強(マーク)、返しを沈めるもボギー・・・ +1
13(4)399:-(1)(27・17・R6);(右ドッグレッグ・打ち下ろし)1Wは左ラフ(沈)残95y(つま先下がり・左足上り)、P左にキャリーし奥ラフへ出る5歩E+10yP、やや打ち上げて下るらいんは1.2mショートもナイスアプローチ!、下りを沈めてナイスパーセーブ!! +1
14(4)395:-(1)(29・19・L6);(fw)左中FW残137y、P左下ラフ2.5yE+7yP、上りちょいスライスラインのアプローチは強くてPをかすめて2.5mオーバー、返しをねじ込みナイスパーセーブ!! +1
15(4)365:-(2)(37・22・C);ど真ん中FW残115y(急な左足下がり)、P右やや上2m強にナイスオン!!、下りフックラインはC左スルー80cm(マーク)、返しを沈めてナイスパー! +1
16(3)135:○(1)(27・13・L7);P下6y、上りほぼストレートのちょいフックラインをねじ込みナイスバーディ!!!!! ±0に戻す!!
17(4)374:△(1)(25・14・R5);(打ち下ろしていく)右BKの右ラフ(沈・つま先上がり)残100y、(打ち下ろし)右ガードBKにワンバウンドで入る、P奥キャリーで奥の第二カラーとラフの境目2yE+7yP、ウェッジで50cm強手前にナイスアプローチ(マーク)、残りを沈めるもボギー・・・ +1に後退・・・
18(5)536:△(2)(31・11・L7);(無風)1wは左ラフ残275y(つま先上がり)、左ラフとFCの境目残180y弱、(右ゆるいフォロー)UTで狙うも左花道斜面を戻ってFW残10y強E、Gに上ってからはスライスラインのちょい下りとなるアプローチは強く入ってP左をかすめて9yオーバー・・・、返しはラインに乗るも30cmショート、お先に沈めてボギー・・・ +2に後退・・・
IN (36)3314:38(15)

01(4)348:-(1)(26・10・L4);(打上げていく)中右FW残90y弱、(右フォロー)GにキャリーするもBSと傾斜で戻って花道2yE+10yP、P下70cmへナイスアプローチ!!(マーク)、残りを沈めてナイスパーセーブ!! +2
02(4)375:-(1)(25・9・R6);(かるい右ドッグレッグ)中右FW残100y(やや左足上り)、(打上げ・フォロー)大きすぎて奥カラーへ16yP、Pを立てたままPTで上って下るフックラインを狙うも1m強ショート(マーク)、下りストレートの残りを沈めてナイスパーセーブ!! +2
03(5)487:○(1)(31・20・L5);(打上げていく・フォロー)中右FW残217y(左足上り)、2オントライはG左ラフ(沈)15yE+15y?、P左下90cmにナイスアプローチ!!、上りスライスを慎重に沈めてナイスバーディ!!!!! +1に戻す!!
04(3)148:-(2)(24・9.5・R4);(アゲンスト)P左下5m強、上りちょいスライスラインはしっかり打つもブレーキがかかって30cmショート(原田プロのラインにかかるため)マーク)、残りを沈めてナイスパー!! +1
05(4)400:-(2)(28・22・R9);(打ち下ろし)中左FW残85y(FWを斜めに走る畝状のギャップ内の排水口にスタンスがかかるため救済ドロップ)、P奥左7y強、下りフックラインは惜しくもCをなめて30cmオーバー、お先に返しを沈めてナイスパー! +1
06(3)170:-(2)(29・10.5・L5);(フォロー)ショートで中左花道6yE、ウェッジでP下60cmナイスアプローチ!!(マーク)、残りを沈めてナイスパー! +1
07(4)370:-(2)(29・22・R10);(打ち下ろしていく・右風)左FW残105y(左足下がり)、P左上5m弱、上って下るスライスラインはC左スルー60cm(マーク)、返しを沈めてナイスパー! +1
08(5)503:-(2)(31・11・L7);(右アゲンスト)左BKの前方の松に当たって右前方へ跳ねて左ラフ残180y(沈)、池越えとなるため池の手前にレイアップするもFW先FC残100y弱、大きくてP奥ほぼいっぱいにオン20y弱、下りスライスライは距離OKも左1mほど、慎重に沈めてナイスパーセーブ!! +1
09(4)427:-(2)(28・21・R8&L8);(右フォロー)左ラフ残130y弱(沈)、(打ち下ろし)P下4m弱にナイスオン!!、上りほぼストレートのちょいスライスは30cmショート・・・(右手で腿パチン!)、お先に残りを沈めてナイスパー! +1でホールアウト
OUT(36)3228:35(14)

TOTAL(72)6542:73(29)

【第2日のペアリング】
No.01 TEE START 第07組 08:54
三塚 優子プロ(フリー・2009賞金ランキング5位 89,792,588円)
米山みどりプロ(山崎製パン・2009賞金ランキング32位 26,909,905円)
浅間 生江プロ(廣済堂・QTランキング5位)

第2日のペアリング(全体)はこちら・・・

|

« 2010 『スタンレーレディスゴルフトーナメント』初日の三塚優子プロ(概況) | トップページ | 『超元気!!』(三塚優子プロ) »

三塚優子プロ」カテゴリの記事

女子プロゴルフ」カテゴリの記事

コメント

初日からの現地応援お疲れ様です。優子プロがいつものように明るく元気そうでよかったです。練習と試合は違うので、まずまずですかね。後半は1アンダーなので2日目以降が楽しみです。こちらは遠くから応援します。

投稿: さぬきの中年ファン | 2010年7月17日 (土) 00時29分

さぬきの中年ファンさん
おはようございます
優子ちゃん、ほろ苦い復帰戦になりましたね…
こんなはずじゃなかったと本人も思っていることと思いますが、次に期待しましょう

投稿: やまとのとのさま | 2010年7月18日 (日) 06時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 『スタンレーレディスゴルフトーナメント』第1日の三塚優子プロ:

« 2010 『スタンレーレディスゴルフトーナメント』初日の三塚優子プロ(概況) | トップページ | 『超元気!!』(三塚優子プロ) »