« ついに〜♪♪♪ | トップページ | やれるのか? »

2009『ヴァーナルレディース』第2日の三塚優子プロ

『ヴァーナルレディース』第2日が終了しました。

7アンダーで単独首位に立ったのは、初日5アンダー首位タイの斉藤裕子プロ。
今日は、優子プロと同じ最終組だったので、全プレーを見ましたが、リズムといい、FWヒットといいほぼ完璧でした。
われらの三塚優子プロは、フロントナインで7アンダーまで伸ばし、首位タイまで行ったものの、後半に入ってショットとパットがかみ合わなくなり・・・結局today1アンダーの5アンダー3位タイをキープしたものの、ややフラストレーションの溜まるラウンドとなりました。
そうはいっても首位とは2打差。逆転優勝にはもってこいの位置で最終日を迎えます。

今日は、一ノ瀬優希プロの14番から18番に随行したあと、三塚優子プロの最終組にフル随行応援してきました。


三塚優子プロ(フリー・2008賞金ランキング7位)

【第2日のペアリング】
No.01 TEE START 第18組(最終組) 09:59
三塚 優子プロ(フリー・2008賞金ランキング7位 83,555,964円・今季1勝ダイキンオーキッド)
斉藤 裕子プロ(帆風・2008賞金ランキング34位 25,872,567円)
キム ソヒプロ(GOLF5・2008賞金ランキング35位 24,891,390円)

【今週のキャディ】
フジサンケイ、サロンパスに続いて3度目のタッグとなる太田正樹キャディです

【ホールバイホール】ティーオフ順は、三塚優子プロ、斉藤裕子プロ、キムソヒプロの順
※残距離は、コメントがない場合はフロントエッジまで。ただし、いつもどおりかなり適当です。yだったりmだったりしますが、その時々の気分でメモってますのであしからず。
ホールロケーション:全奥行・フロントエッジからの距離・R;右エッジからの距離、L;左エッジからの距離、Cはセンターで、いずれもヤード表示です。
ホール(Par)yds.・1R(P)・2R(P)(HL)
01(4)386:-(2)・-(2);(45・33・R6)(右ドッグレッグ、ゆるやかに打上げ、無風)1Wは左FW残117y(つま先上がり、左足上り)、P下15y、上りフックラインをしっかり打ったが右Cを舐めて奥1.5mへ・・・、下りを慎重に沈めてナイスパー発進。 △4
02(4)369:-(2)・-(2);(46・21・L3)(無風)1Wは左FW残98y、P右6m弱、ちょい下りのフックラインは50cmショート、ナイスパー! △4
03(3)175:-(1)・○(1);(44・35・L5&R16)(無風)P左下4m、上りフック系をはC右から入ってナイスバーディー!!! △5
04(4)397:○(1)・-(2);(37・12・L12)(無風)1Wは中右FW残107y(ほぼフラット、ややつま先上がり)、(「三塚ガンバレ!」の声に笑顔で応える)、P右ちょい下4m強、斜面にかかり下りフックの難しいライン、下りを警戒しすぎて50cmショート、リセットしてお先にナイスパー!! △5!
05(4)401:-(2)・-(1);(41・6.5・L11)(ゆるい右風・右ドッグレッグ、ゆるやかな打上げ)1Wは左端FW残125y(ややつま先上がり)、ショートして花道P10.5y(エッジ5y),ウェッジのアプローチはP左をスルー70cm、下りちょいスラを沈めてナイスパー! △5 「フウ~っ」と一息。
06(4)419:-(2)・-(1);(37・30・R9)(無風)1Wはフェードのグッショーながら飛びすぎてFWが切れたちょい先ラフ残120y強(窪みに入りライ悪し)、P右手前外ラフP30yほど。(浅く浮いている)、ウェッジのアプローチは3mショート・・・、残りをねじ込みナイスパー!! △5
07(5)520:-(2)・○(1);(39・12・R5)(微風)1Wはど真ん中FW残235y(BK右の狭いFWのど真ん中、やや左足下がりでややつま先上がり、(ゆるやかに打上げ)3Wは右の木の枝に当たって右FW残50y強、BSで2mほど戻ってP左やや上5m、下りスライスラインをきれいに沈めてナイスバーディー!!! △6!
08(3)150:-(2)・○(1);(46・12・L12&R8)(微風)P右下3m弱ナイスオン!、上りちょいフックラインをねじ込みナイスバーディー!!!!! △7
09(5)550:-(2)・-(1);(48・13・R5)(3打目が池越えのホール、無風)ど真ん中FW残265y、UTで左端FW残70y、P左上7~8mからバックスピンと傾斜で戻り、スルスルとPに向かっていく~、P右をかすめてまだまだ下り・・・Gから出てカラーとラフの境のP10y。PTで狙ってP右下40cm弱・・・、お先にナイスパー!! △7 後半もさらなる爆発に期待してハーフターン

OUT(36)3367・35(16)・3(12)

10(4)312:○(1)・-(1);(32・26・L12)(打下し、無風)UTの第1打は右FW残85y(左足下がり)、第2打はちょい大きくてP左奥の下り傾斜で止まりきらず奥ラフ?P9y(エッジ3y)へこぼれる、上りスライスのアプローチはP左スルー1m強、フックラインを沈めてナイスパーセーブ!! △7!
11(4)386:-(2)・-(2);(30・13.5・C)(無風)1Wは中左FW残104y(ややつま先上がり)、P左下1.5mにナイスオン!!、ちょいスラのバーディーパットはC左を75cmスルー・・・、惜しくもパー △7
グーで自分の頭を何度も叩くしぐさをしつつ「バカだ、ホントにバカだ!」と優子ちゃん。
12(3)188:○(1)・-(2);(39・13・L8)(無風)P右下6.5mにナイスオン!!、上りフックラインはCの1C右をフックスルー30cm、お先にナイスパー! △7
13(4)395:-(2)・-(2);(32・24・R7)(無風)1Wは中左FW105yのベスポジ、BSで少し戻ってP下7.5m強、上りスライスラインは弱くて1.3mショート・・・(右手のひらでももをパチンと叩く、「ヴぁー」と声。)、残りを沈めてなんとかナイスパーでしのぐ。 △7
14(4)385:-(2)・△(3);(41・27・L10)(無風)1WFWすぐ右の木の下ラフ(FWとの境目でギリギリ入る・・・)残107y、(P方向は狙えるものの枝があるので素振りは厳しい)低く打ち出してオンするも大きく上って馬の背を越えてさらに上る難しいスライスラインの16m強、P右下1mへ、上りフックラインはやや強くてカップ蹴って右奥40cm、ボギー・・・ △6に後退・・・
15(4)384:-(1)・△(3);(34・26・L14)(微風ト、ゆるやかに打ち下ろし)カート道に跳ねて右ラフ残82y(左足上り、浅・沈、ライは悪くない、右前方5yほどに松があるがP方向には問題なし)、上手く打ってP右手前に落とすもP左奥8yへ、下りフック?、C右スルー50cm、カップ蹴って右へ50cm・・・、連続3パットボギー・・・ △5に後退・・・
16(5)467:○(1)・-(2);(42・24・C)(ゆるいアゲンスト、ゆるやかに打ち上げていく、クリークを越え)右ラフ残200y(浅・沈)、(ゆるい打上げ)5Wで2オン狙うもG左ラフ(浅・半沈、ややつま先下がり)P25y弱(エッジ10y)、上りスライス系のアプローチはP左上3.5mへ、下りスライスの速いラインはC左スルー75cm、返しのフックラインを沈めてナイスパー! △5
17(3)170:-(2)・-(2);(49・39・R9)(微風)P右下7.5m、上りスライス~フックラインはC左60cmへ、ナイスパー! △5
18(5)540:-(2)・-(2);(42・22・L5)(アゲンスト)右FW残252y(つま先下がり)、アイアンでレイアップ80y弱?、(左アゲンスト)P右下10m弱、上りフックラインは惜しくも手前フチに・・・、タップインして惜しくもナイスパー! △5でホールアウト(3位タイのまま)

IN (36)3227・33(14)・38(19)

TOTAL(72)6594・68(30)・71(31)

11番のバーディー逃しから別人のように・・・
絶好調だったドライバーも微妙に狂い、ショートパットもパンチが入りぎみで連続3パット・・・
う~~~ん・・・、残念!

でも、首位とは2打差。初めての最終日逆転優勝への布石。明日は再度爆発を

お天気が心配ですが・・・

【最終日のペアリング】
No.01 TEE START 第10組 08:47
有村 智恵プロ(日本ヒューレット・パッカード・2008賞金ランキング23位 47,350,004円)
李 知 姫プロ(眞露ジャパン・2008賞金ランキング2位 119,652,786円)
三塚 優子プロ(フリー・2008賞金ランキング7位 83,555,964円・今季1勝ダイキンオーキッド)


最終日のペアリング(全体)はこちら・・・

|

« ついに〜♪♪♪ | トップページ | やれるのか? »

三塚優子プロ」カテゴリの記事

女子プロゴルフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009『ヴァーナルレディース』第2日の三塚優子プロ:

« ついに〜♪♪♪ | トップページ | やれるのか? »