« いざ高知へ | トップページ | 2009 『ヨコハマタイヤPRGRレディス』 のキャディ情報 »

ヨコハマタイヤPRGR 初日の三塚優子プロのフロントナイン

ドライバーの安定感がイマイチです。
アイアンも縦横ともビミョーに安心しません。
パットでなんとかノーボギーのイーブンにまとめたってところですね。
パットは、ロングパットの距離感はまずまずながら、少し弱めのことが多いです。
後半は、ガンガン行ってくれるでしょう

諸見里しのぶプロが3アンダーまで伸ばしてましたが、4番でセカンドをバンカーに入れて、寄せきれずのボギーで2アンダーに後退です。
服部真夕ちゃんが、3mほどを沈めて1アンダーとしています。

快晴ながら風が強く、しかも向きが複雑で、アップダウン、ドッグレッグ多々でテクニカルなコースです。
ガマンしつつ、チャンスを待って、それをいかにモノにできるか。
優子ちゃんならできると思います

|

« いざ高知へ | トップページ | 2009 『ヨコハマタイヤPRGRレディス』 のキャディ情報 »

三塚優子プロ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマタイヤPRGR 初日の三塚優子プロのフロントナイン:

« いざ高知へ | トップページ | 2009 『ヨコハマタイヤPRGRレディス』 のキャディ情報 »