« 多摩テック | トップページ | 2008 SANKYOレディースオープン終了時の成績 »

2008 SANKYOレディースオープン 最終日の結果

2008年LPGAツアー第30戦『SANKYOレディースオープン』が終了しました。

2日目まで単独首位を守っていた地元赤城カントリー倶楽部所属の茂木宏美プロを逆転し、通算8アンダーでプロ初優勝を飾ったのは20歳の若林舞衣子プロでした。
16番以降、現場で見てましたが、初優勝とは思えない落ち着いたプレーぶりで、実に強い勝ち方でした!
まさに挑戦者の気持ちを最後まで忘れることなく戦いぬけたということでしょうね。
おめでとう!舞衣子プロ!!

最終日のペアリング(全体)はこちら・・・

最終日の結果(全体)はこちら・・・


一ノ瀬優希プロ(加賀電子・2007FINALQT34位)

通算イーブンパーの26位タイで決勝ラウンドにコマを進め、最終日の上位フィニッシュが期待された優希プロでしたが、残念ながら2つスコアを落として通算2オーバーの29位タイで本トーナメントを終了しました。
しかしながら、7番のパー5(555y)にかけられた恒例の『フィーバー賞』を見事ゲット~!!
初日は見ていないので詳しいことはわかりませんが、2日目は70cm、最終日は2.5mにつけてのバーディーでした!
次の富士通はウェイティングになりますが、出場できる可能性は高そうなので頑張ってくれることでしょう。

シード確定までガンガン行こう、優希プロ!!

【最終日のペアリング】
No.10TEE START 第12組 08:30
服部 真夕プロ(INAX・2007賞金ランキング44位);今季出場28・予落3・最高位6T(ニチレイ・NEC軽井沢・ゴルフ5)・棄権0
一ノ瀬優希プロ(加賀電子・FINALQT34位);今季出場27・予落11・最高位9T(リゾトラ)・棄権1
原 江里菜プロ(マスターカード・2007賞金ランキング19位);今季出場29・予落2・今季1勝(NEC軽井沢72)・棄権0


【今週のキャディ】
学生キャディでした。

【ホールバイホール】
ホール(Par)yds.・1R・2R(P)・3R(P)
01(4)390:△-(2)△(2) ・・・中FW残128y(つま先上りの左足下がり) P左手前にキャリーするもG奥ラフ(P13m、エッジ6m)へこぼれる ザックリで3mショート C右を50cmスルーしボギー・・・ +1に後退
02(3)154:△○(1)△(2) ・・・P左カラーにこぼれる8m 下りスライスC左を2.8mオーバー・・・ フックラインC左10cmへ ボギー・・・ +2へさらに後退・・・
03(5)493:--(2)-(2) ・・・右FW残270y Fwで左中FW残94y P左7mにナイスオン! スライスラインは40cmショートもナイスパー! +2
04(4)355:--(1)-(2) ・・・中右FW残112y P右手前12m C左40cmスルー ナイスパー!! +2
05(4)397:--(2)-(1) ・・・ど真ん中FW残142y(左足上り) Pやや左奥の第二カラーへこぼれるP14m(スプリンクラーにスタンスがかかるため救済ドロップ) 下りの難しいアプローチを80cmショートながら上手く寄せる! これを沈めてガッツパー!! +2
06(4)403:-△(2)△(3) ・・・ど真ん中FW残150y(△マーク上) P右下9mにオン! フックラインのバーディーパットはC左1.2mへ C左15cmスルーしボギー・・・ 右ももを右てのひらでたたく +3にさらに後退・・・
07(5)555:○(1)○(1)○(1) ・・・ど真ん中FW残251y ど真ん中FW残95y(左足下がり) P右下2.5mへナイスオン!! 慎重に読んでナイスガッツバーディー!! 『フィーバー賞』をゲット!! 小躍りするような派手なガッツポーズで喜びを爆発させる!! +2に戻す! 
08(3)172:--(2)-(1) ・・・右のサブグリーンにオン。P30m位(エッジ20m) ブルーのグリップのウェッジで『ううんっ』といつもの咳払いのあとP左をかすめて2mオーバーもナイスアプローチ!! 再び『ううんっ』でナイスガッツパー!! +2
09(4)370:--(2)-(2) ・・・ど真ん中FW残100y 難しいピンポジションに対してPスジに攻めてP奥3m C右を60cmスルーし惜しくもバーディーフィニッシュならずもナイスパー! +2でホールアウト。
OUT(36)3289・37・35・38

10(4)344:△-(2)-(2) ・・・ど真ん中FW残115y P右下7m ボール1個ショート ナイスパー! ±0
11(4)376:--(2)△(2) ・・・右中FW残140y?(左足下り) G中ほどから止まらずP右を奥の急傾斜ラフへオーバー(P13m、エッジ5m、左足上り) P右を4m弱オーバー C手前でスラし10cm弱 惜しくもボギー・・・ +1に後退  
12(3)168:-○(1)-(2) ・・・オンするもP右下17m フックラインはCの2mほど手前から左へ大きく垂れて3m残るもこれを沈めて(最後はC左側から入る)ガッツパー!! +1でこらえる
13(5)526:--(1)-(2) ・・・右FW残300y ど真ん中FW残75y P左7m C左僅か タップインパー! +1
14(4)388:-△(2)-(2) ・・・右BK残140y P左9m 下りのスライスラインを20cmショート ナイスパー! +1
15(4)319:--(1)-(2) ・・・難易度No.1ホール。左FW残110y(排水口周辺の傾斜にかかり左足下がりのつま先下がり)からP右7mにナイスオン!!スライスラインのバーディーパットはカップを過ぎて激速で4.5mオーバー・・・難しい返しを沈めてナイスガッツパー!!! +1 
16(3)155:--(2)- ・・・777万円の賞金のかかるホール。P右奥へ下っており、カラーまでこぼれる。Pまで8.5m。フックウラインのバーディートライはC右50cmへ(右ももを手のひらでたたく) ナイスパー!
17(4)383:--(1)-(2) ・・・左ラフ残128y 当たりやや悪くG手前から何とかオンするもP18m強。奥に下りで速くC右を4m弱オーバー・・・ 返しのパーパットは最後C左側から入るガッツパー!!!
18(5)505:○-(2)○(2) ・・・左FW残252y 左FW残101y(左足下がり) P右1.5m(もっと近い?) これを沈めてバッツバーディー!!! 前半(インスタート)を何とかイーブンで我慢し、ハーフターン。 
IN (36)3164・36・36・36

TOTAL(72)6453・73・71・74
*1R・3Rインスタート

15番での出来事

《その1》服部真夕プロの左打ち
服部真夕プロのティーショットは左へ・・・ヤーデージの木の右手前10cmのところで普通に打てる状況ではない。
最初は右打ちでの脱出方法をほんの少し考えたものの、すぐにあきらめて二種類のアイアンで左打ちの素振り(当然ながらクラブは右きき用)をしつつ脱出方法を思案。
難なく左打ちで(今年から、FWの途中にラフのエリアを設けてセパレートされた)FW残70yに見事脱出成功!!
*前日(二日目)の夕方、レンジで舞衣子ちゃんと真夕ちゃんが一緒に練習してましたが、左打ちやってましたよぉ!(左用のクラブで)


《その2》アメリカンクラッカーのようなボール直撃
真夕プロの第3打は、先に2オン済みの優希プロの球を直撃!!
1個はG右奥へ!、もう1個はG左のラフへ!さて、どっちがどっちだ~!?
確認の結果・・・、G右奥のとんでもないところ(18Hとの間の舗装路近くのベアグランドに近い斜面)行ったのは優希プロのボールで、左ラフに行ったのが真夕プロのボールでした。直撃していなければ、ウェッジの短い距離のショットですからGオンしていた可能性は高かったと思うので、左ラフからのアプローチとなったことは不運ですが、G右奥に行ってしまってたら・・・最悪でしたのでまだマシだったかも・・・
真夕プロは、このアプローチを上手く打ったのですがなにぶん最難関の15番グリーン。Pをかすめて左へ下って9m C右へ流れて80cm で結局ダブルボギーとなってしまいました・・・


李 ナリプロ(フリー・2007FINALQT46位)
 
最終日はインスタート。8番のグリーンから9番のホールアウトまでわずかですが随行応援しました。
8番は2パットのナイスパー!最終9番は難しいピンポジションを果敢に攻めてP左上2mにナイスオン!
これを沈めて、ガッツポーズのナイスバーディーフィニッシュのナリちゃんでした!

ナイスバーディーフィニッシュ!ナリちゃん!!

【最終日のペアリング】No.10 TEE START 第15組 08:57
ウェイ ユンジェプロ(GOLF5・2007賞金ランキング29位);今季出場22・予落7・最高位2(アコーディア)・棄権0
中島 真弓プロ(フリー・FINALQT07位);今季出場27・予落13・最高位2(廣済堂)・棄権0
李 ナ リプロ(フリー・FINALQT46位);今季出場22・予落12・最高位12T(ミヤギテレビ)・棄権0

【ホールバイホール】
ホール(Par)yds.・1R・2R・3R
01(4)390:△○-
02(3)154:---
03(5)493:○○-
04(4)355:△--
05(4)397:---
06(4)403:△--
07(5)555:--○
08(3)172:△△-(2)
09(4)370:○△○(1)
OUT(36)3289・38・36・34

10(4)344:---
11(4)376:-△○
12(3)168:○○-
13(5)526:---
14(4)388:---
15(4)319:○-(1)-
16(3)155:-△(2)△
17(4)383:--(1)-
18(5)505:○△(2)△
IN (36)3164・33・38・37

TOTAL(72)6453・71・74・71
*1R・3Rインスタート

|

« 多摩テック | トップページ | 2008 SANKYOレディースオープン終了時の成績 »

女子プロゴルフ」カテゴリの記事

一ノ瀬優希プロ」カテゴリの記事

コメント

★ こんばんわ
今季も残り少なくなってきたところへまた有望な若手が勝ちましたね。そろそろ実力者に締めてほしいところです。

投稿: やまけん(肩の力を抜いて) | 2008年10月13日 (月) 23時03分

やまけんさん、こんばんは!
クリスタルガイザーで勝っててもおかしくなかったのですが、舞衣子ちゃん強かったですね!キャディの大江順一さんは、2勝目(2位が多いそうです)だそうですが、キャディとの相性も良かったようです。(そうでなきゃ勝てませんよね・・・)
高額賞金の多い終盤戦。ますます目が離せませんね!

投稿: やまとのとのさま | 2008年10月14日 (火) 00時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 SANKYOレディースオープン 最終日の結果:

» ・女子ゴルフ 若林舞衣子今季7人目の初勝利 30戦で22人目の勝者 [肩の力を抜いて]
群馬県桐生市の赤城カントリー倶楽部で開催された2008年LPGAツアー第30戦「SANKYOレディースオープン」は、若林舞衣子(20)が茂木宏美(31)を振り切り、ツアー初勝利をあげた。また一人ツアー初優勝者が出た。今年の勝者はついに22人。今年は最後までそういう年で、混戦から頭角を現し、実力者を形... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 23時05分

« 多摩テック | トップページ | 2008 SANKYOレディースオープン終了時の成績 »