« アクサレディスゴルフトーナメント 初日のペアリング | トップページ | 初モバイル機 »

対決 巨匠たちの日本美術

対決 巨匠たちの日本美術
今日はアクサのテレビ放送もないので久しぶりに美術館に出かけてみました。

上野の東京国立博物館 平成館で開催中の『対決 巨匠たちの日本美術』へ。
駅のポスターで、「おっ面白そう!」って思ってたのを思い出し、いざ上野へ!

すんなり入館できたもののかなりの混雑でした。

専門的なことはよくわかりませんが…

長谷川等伯の屏風
本阿弥光悦と長次郎の楽茶碗
円空と木喰の仏像
円山応挙の『保津川図屏風』
横山大観の『富士山図屏風』
が気に入りました。
俵屋宗達と尾形光琳の『風神雷神図屏風』は、11日からの最終節のみの展示でみることができず、残念!!
伊藤若沖の『旭日鳳凰図』や『雪中遊禽図』、曽我蕭白の『唐獅子図』もすごく迫力がありました!

やっぱりホンモノはスゴいです!


私は奈良で生まれ過ごしたので、幼い頃から身近にホンモノの仏教や仏教建築、仏教美術に接してきましたが、日本中や世界中のホンモノの美術に気軽に接することのできる東京はやっぱりスゴいと改めて思いました!

|

« アクサレディスゴルフトーナメント 初日のペアリング | トップページ | 初モバイル機 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対決 巨匠たちの日本美術:

« アクサレディスゴルフトーナメント 初日のペアリング | トップページ | 初モバイル機 »