« 廣済堂レディスゴルフカップ 第2日 観戦記(その5) | トップページ | 生島早織プロのボールマーク »

廣済堂レディスゴルフカップ 第2日 観戦記(さいご)

今回随行観戦したプロの印象など

不動裕理プロ(1H-9H)
いわずと知れたツアー43勝を誇る永久シード選手。
サロンパス最終日以来の随行でしたが、今回も不動党のみなさんが多数随行されていました。
寒くて雨のラウンドでしたが、ドラの飛距離は結構出てました。今回のNo.1ショットは3Hのベタピンバーディーでした。
倫希プロの棄権は、不動党のご婦人方が、私たちに知らせてくださいました…

全美貞プロ(1H-9H)
私の好きな選手ですが、今回初めて随行することができました。
ゆったりとしたスイングは優雅でした。
今回は、倫希プロの棄権で予定の半分しか随行できなかったし、あいにくの天候だったので、またの機会を楽しみにしたいと思います。

具倫希プロ(1H-9H)
3ホール連続ボギーに始まり、今回はいいところはありませんでした。
キャディとの呼吸も合わず…、グリーン上でずぶ濡れのuniが可哀想でした…

木佐貫めぐみプロ(14H-9H)
今回初めて随行する機会を得ました。
課題は、本人も認識(ギャラリー仲間のクリガイでの入手情報による)されているとおりパットがすべてでしょう。
ドライバーは結構飛んでました(今回の組では一番)し、得意クラブなのでしょう。ティーショットを打ち終えて打球を追わずにティーを拾いにいくことも多かったです。
パットと共にリカバリー率が良くなれば予選通過も見えてくると思います。
ガンバレ!

生島早織プロ(14H-9H)
今回の組では、一番ギャラリーされ慣れしている感じで、とても感じのいい方でした。応援していても気持ち良かったです。
さすが、奈良県出身、11月9日生まれ、蠍座、卯年、B型!
飛距離は中くらいですが、ショートゲームがなかなかお上手でした!
得意クラブがパターというのも納得です!
トレーナーの落合キャディとの息も合ってました。

向山 唯プロ(14H-9H)
テイクバックがフラットな少し個性的フォームでした。
飛ばしそうなイメージを持っていましたが、意外に飛距離は控え目でした。
FWからとんでもないミスショットするなど、かなり粗削りな印象ですが、結構長いパットを入れたり、最後のチップインもあったりで強気のショートゲームは魅力かも。
悪天候のなか、前半○2の34は立派でした。ただ、14番のオッケーバーディーこそニコニコでしたが、それ以外はあまり声援にも反応は…

|

« 廣済堂レディスゴルフカップ 第2日 観戦記(その5) | トップページ | 生島早織プロのボールマーク »

具倫希プロ」カテゴリの記事

女子プロゴルフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廣済堂レディスゴルフカップ 第2日 観戦記(さいご):

« 廣済堂レディスゴルフカップ 第2日 観戦記(その5) | トップページ | 生島早織プロのボールマーク »