« 2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日の三塚優子プロ(バックナイン編) | トップページ | 2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日の一ノ瀬優希プロ(9番のみ) »

2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ ファイナルラウンド(uniプロ編)

8時15分10番ホールからスタートの具倫希プロの組のフロントナイン(10番から18番)に随行しました。
uniプロの応援のあとは、優子プロか優希プロの組に随行する予定ため、ハーフのみの随行応援でした。

【最終日のペアリング】
No.10 TEE START
第17組 08:15
具 倫希プロ(フリー・QT51位)
川久保百代プロ(デオデオ・QT58位)
*結構飛ばし屋さんでした。YONEXの契約プロ。
不動 裕理(フリー・2007賞金ランキング6位・永久シード)
*言わずと知れた元賞金女王。『不動党』のバッジをつけたギャラリーが大勢随行されてました。
初めて(多分)不動プロのプレーを生でみました。不動党のみなさんは、不動プロの好プレーにしか拍手をしない方がほとんどでした。また、ちょっとやそっとのGオンやパーセーブでは拍手や声援もほとんどない辛口ぶりには少々驚きました。

今日のuniプロは、白のTMバイザー、黒のTMのレインウェア。白のアディダスシューズといういでたちでした。


残距離は、フロントエッジまで。ただし、いつものとおり適当です。
(カッコ)内は、ホールロケーション。こちらは公式の数値です。

☆10H 407y Par4 (ホールロケーション 奥行43y 手前から22y 右から11y)
バックナインは難しいホールが多いのですが、この10Hもかなり難易度の高いホールです。
第1打は、右へフケ気味でラフ残174へ。
第2打は、FWセンター残94yへ。
第3打は、二段Gの段差付近からバックスピンと傾斜で戻って花道まで出る。
第4打のランニング系のアプローチは、二段G上段に届くも、P左下4m。
ボギーパットはしっかり打つも、カップの下15cmへ。
これを沈めてダボ。

☆11H 489y Par5 (ホールロケーション 奥行34y 手前から23y 右から8y)
第1打は、右目に出てFWの段に乗らず(ラフFW面まで15yほど)残230yほど。
第2打は、高い弾道で左のファーストカット残95yへ。
第3打はウェッジで高い弾道でP左8mへナイスオン。
バーディーパットは、カップの左上30cmに。
これを沈めてナイスパー!

☆12H 388y Par4 (奥行28y 手前から18y 左から6y)
第1打は、FW右側にタテに2個並ぶバンカーの2つ目のバンカー左のラフ残155y。
第2打は、G手前からナイスオン!P手前9m。
バーディーパットは、カップの左30cmへ。これを沈めてナイスパー!

☆13H 435y Par4 (奥行33y 手前から10y 右から7y)
第1打(打ちおろし)は、みなさんティーインググラウンドの右端のほうにティーアップ。
ドローで左へ。左のラフへ。土手のふもとの傾斜がフラットになるあたり。つま先下がり。
第2打も打ち下ろし。UT?で打って、P左手前9mにナイスオン!
バーディーパットは、スライスラインで80cmショート。
これを沈めてナイスパー!

☆14H 324y Par4 (奥行34y 手前から20y センター)
第1打(カベのようなFWに打ち上げる)は、左ラフへ。残152yのつま先下がり。
第2打は、アイアンで花道の右端へ。
ウェッジでのアプローチは、Pをかすめて1.2mオーバー。
返しを沈めてナイスパー!!

☆15H 157y Par3 (奥行29y 手前から20y 左から8y) 
第1打(打ちおろし)は、P左手前7.5mにナイスオン!
バーディーパットは、惜しくもカップの左へ。
タップインしてナイスパー!!

☆16H 381y Par4 (奥行30y 手前から21y 右から7y)
第1打は、左FW残152yへ。
第2打は、P左手前12mへナイスオン!
スライスラインを読みきって、ナイスバーディー!!!

☆17H 5101y Par5 (奥行31y 手前から19y センター)
第1打(目の前のカベに打ち上げながらFWがダウンスロープになっている。)は、右FW残257yへ。
第2打(打ちおろしていく)は、FWセンター残102yへレイアップ。
第3打は、P左手前16mへナイスオン!
バーディーパットは、カップの右手前65cm。
これを沈めてナイスパー!

☆18H 202y Par3 (奥行34y 手前から27y 右から7y)
超難関の最終ホール。傾斜がきつく、上につけると恐怖の下りに・・・
第1打をFwで打って、G一番手前にナイスオン!
バーディーパットは、3mショート。
パーパットは、カップの右フチからくるっと左へ一周しカップ下すぐへ。
これを沈めてボギー。

uniプロ、粘りのゴルフで前半を2オーバーで折り返しましたが、後半(OUT)で4△1□で6つスコアを落として、57位タイで今シーズン初の賞金をゲットしました。

|

« 2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日の三塚優子プロ(バックナイン編) | トップページ | 2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日の一ノ瀬優希プロ(9番のみ) »

具倫希プロ」カテゴリの記事

女子プロゴルフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ ファイナルラウンド(uniプロ編):

« 2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日の三塚優子プロ(バックナイン編) | トップページ | 2008 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日の一ノ瀬優希プロ(9番のみ) »