« 靴みがきの名人 | トップページ | 高円寺 »

「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」

久しぶりに映画を観た。大林監督作品の「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」を観てきた。正やんの名曲が随所に流れる。

筧利夫さん演じる主人公の俊郎さんが、偶然にも小生と同い年の設定。
偶然の出会いは、映画やドラマにはありきたりの話なのかもしれないが、ちょっとありえないかな?と思ったが、それ以外は、自分の青春時代と重なりまくり(ちょっとオーバー)で、切ないこと切ないこと。何度もうるうるきてしまった。
臼杵には、二度ばかり訪れたことがあって、小手川家のフンドーキン醤油(テロップに協力にしっかり出てた)、野上八重子さんや山田屋(肝ぼん酢でいただく河豚は最高!)は知っていたが、「うすき竹宵」は知らなかった。わが故郷、奈良にも阪神大震災の数年後から始まった「なら燈火会」(とうかえ)があって夏の奈良の行事として定着したが、「竹宵」はどれくらい続いているのかなあ・・・?機会があれば、是非一度訪ねてみたいと思う。

|

« 靴みがきの名人 | トップページ | 高円寺 »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」:

« 靴みがきの名人 | トップページ | 高円寺 »